探偵の車尾行は車間距離の調節が難しく見間違いすることも

探偵の問題1

探偵の車尾行は車間距離の調節が難しい。

理由

車尾行の時、探偵の車が真後ろで尾行することは稀で、間に1台や2台の一般走行車両(障害物)を挟んで尾行する。

調査ターゲットからなるべく見られないようにするためにね。

車間距離としては、「100m以上の車間距離を取る」こともよくある。
でも間に車が入りすぎるとまかれるので調節が難しいよ。

Twitter

探偵の問題2

探偵の車尾行は車両の見間違いでまかれることも

理由

車尾行の時、対象の車と探偵の車の間に5台~10台ほどの一般走行車両が入ってしまう時があり、この時は非常に見間違えが発生しやすい。

例えば、ターゲットの車が「黒か白のプリウス」だった場合、これはは街中に溢れているので、他の車と見間違えちゃうことも。

左折→見たら違うプリウス...ってことも。

Twitter

おすすめの記事