「探偵の巧みなカモフラージュ:エレベーターでの印象操作」

探偵の目立つ装いとその目的

探偵といえば、目立たないように行動することが重要ですが、時には目立つことで逆に相手の警戒心を解きほぐすことがあります。
意外ですよね。

その一例が、あえて派手な帽子やマスクを身につけることです。
これにより、相手の目は探偵の装いに向かい、その後の行動が目立たなくなるという効果が期待できます。

人間の顔の記憶について

人間は無数の顔を見ることがありますが、実際に覚えることができる顔は限られています。特に、一度しか会わないような人の顔は、すぐに忘れてしまうことが多いです。というより人間はそういう風にできています。
これを利用して、探偵はエレベーターでの印象操作を行います。

エレベーターでの印象操作の手法

熟練の探偵は、例えばデパートでなどで対象者と一緒にエレベーターに乗る時、派手な装いをすることであえて相手の目を引きつけます。
この時点で相手は探偵の存在に気づくものの、顔まで覚えることはありません。
その後、エレベーターを降りた際に探偵はマスクや帽子を交換し、地味な装いに変えることで、相手は探偵だと気づくことが難しくなります。
派手→地味への変身による印象操作です。

降りるエレベーターだって一緒に乗れる

探偵は行きのエレベーターを降りた後も各フロアにて尾行を継続しますが、装いを変えるだけでなく、普段と同じように地味に気配を消すことが重要です。
これにより、相手は探偵がもし降りるエレベーターに同乗したとしても、その存在に気づくことが難しくなります。
この時はもちろん、別の印象操作を使います。
探偵はマスクやメガネ、帽子等のアイテムを多く所持しているものです。

まとめ

探偵の仕事では、カモフラージュや印象操作が重要な要素です。
エレベーターを利用した印象操作は、探偵があえて相手の目を引くことで、その後の潜伏や尾行がスムーズに行える一例です。
人間の顔の記憶が限られていることを利用し、相手が探偵だと気づかないように行動することが重要です。
これにより、探偵は効果的に情報を収集し、相手に気づかれることなく任務を遂行することができます。
また、エレベーター以外の場面でも、同様の印象操作やカモフラージュ手法が利用されることがあります。
探偵としてはなくてはならない当然の技術です。

ゴリスケ
お困りごとがあればご相談ください。

Twitter(お気軽にDMを)
https://twitter.com/tantei_gorilla

おすすめの記事