女性探偵が貴重である理由と業界の過酷な現状

探偵業界には、男性だけでなく女性探偵も存在している。
女性探偵は少ないがその需要は確実に高まっており、特に浮気や不倫調査、ストーカー被害に遭った依頼者のサポートなどで活躍している。
しかし、女性探偵が少ないのはなぜだろうか?

それは、探偵業界の過酷な現状に女性が耐えられないケースが多いためだ。

本記事では、女性探偵が選ばれる理由や業界の過酷な現状、そして女性探偵が適応するための方法についてご考察する。

女性探偵が選ばれる理由

女性探偵が選ばれる理由は、男性探偵にはない視点やアプローチがあるからだ。

例えば、女性探偵は女性の心理や行動パターンをよく理解しており、女性の視点から見た調査ができる。

また、女性探偵は男性よりも細かい観察力や緻密なレポート力があることが多いため、身辺調査やストーカー被害の被害者サポートなどで活躍している。
さらに、女性探偵はラブホテルやデートスポットにも溶け込みやすく、調査対象者が女性であった場合、相手を不安な気持ちにさせることなく調査を進行できる。

例えば、警戒度が高い調査対象者であっても、探偵がカップルを装うことで相手の警戒度は格段に下げられる。

女性探偵が直面する業界の過酷な現状

一方で、女性探偵が直面する業界の過酷な現状も存在する。
まず、探偵業界は極めて不規則な勤務状況であり、休みの少なさや長時間の調査継続は確実にお肌の大敵となるだろう。

探偵であれば、トイレなんていつも行けるわけではない。
また、女性探偵は、男性探偵よりも身体的な負担が大きい場合がある。

例えば浮気調査では、長時間の待機や追跡が必要であり、体力や精神力の消耗が激しいことが多い。
また、ストーカー被害者のサポートでは、緊張感やストレスが常に付きまとうことになる。
さらに、女性探偵は女性のクライアントと接することがも多く、男性よりも感情移入しやすい傾向があるため、感情的な負担も大きいと言える。

加えて、女性探偵は男性探偵と比較して、報酬が低い場合があるという問題もある。
女性探偵は男性探偵と同じ調査を行っていても、男性探偵よりも報酬が低くなる傾向があるため、報酬についても不公平な現状が存在するのだ。

女性探偵が適応するための方法

女性探偵が適応するためには、以下のような方法を考える必要がある。

フレキシブルな勤務体制を確立する

女性探偵が不規則な勤務や長時間の調査継続に耐えるために、フレキシブルな勤務体制が必要だ。

例えば、週に1日は定休日を設けたり、シフト制にするなど、働き方を見直すことが必要。
また、探偵事務所が女性探偵の体調やプライベートを考慮して、労働環境の改善に取り組むことも大切だろう。

トレーニングや心のケアに力を入れる

女性探偵の体力や精神力を鍛えるために、トレーニング(尾行訓練など)は適度に取り入れた方がよいだろう。

心のケアも大切だ。
先述の通り、女性探偵は被害者や依頼者の話を聞くことが多いため、心理的な負担も大きい。
必要に応じて定期的な心理カウンセリングやメンタルヘルスのサポートを受けることも重要だ。

チームワークを大切にする

女性探偵が働く環境ではチームワークが大切だ。
可能なら女性探偵同士で情報を共有し、助け合いながら仕事を進めることが理想だ。
また、男性探偵とも協力し、お互いの強みを生かして効率的な調査を行うべきである。

一例ではあるが、電車の女性専用車両には女性探偵しか乗れないのだから。

まとめ

女性探偵は、男性探偵と同じくらい優れた調査能力を持っている人も多く、特に女性の被害者やクライアントに対するサポートにおいて重要な存在である。
しかし、探偵業界の過酷な現状により、女性探偵が活躍するには、様々な課題がある。
フレキシブルな勤務体制の確立やトレーニングや心のケアなど、女性探偵が適応するための改善が必要なのは間違いない。

探偵業界は、女性探偵が活躍するための環境整備が進めなければならない。
それによって、より多様な依頼者ニーズに対応できるようになるのだから。

ゴリスケ
お困りごとがあればご相談ください。

Twitter(お気軽にDMを)
https://twitter.com/tantei_gorilla

おすすめの記事