【離婚確定?】喫煙調査から「タバコ友達」調査へ|抱き合う度に...

こんにちは。探偵ゴリスケです。
探偵として20年以上暗躍中です。

得意技は張り込み・尾行。
尾行調査は何歳になっても楽しいのものですよ。

さて、今回は前回記事の続きとなりますが、
いわゆる「喫煙調査」の結末についてお知らせします。

参考までに前回の記事はこちら↓ ↓ ↓
【離婚危機】探偵の尾行調査で見えた世にも奇妙な喫煙調査
一部引用はこちら↓ ↓ ↓

念のため、男女が分かれた後は相手女性の自宅を判明するまで尾行し、この日の調査は終わりました。

対象者の夫が吸ったタバコの本数=6本
相手の女性が吸ったタバコの本数5本。

僕は気が重かったですが、この調査報告をまず依頼人である奥さんに電話で報告しました。

奥さん?
そりゃショックを受けていましたよ。

でも同時に奥さんは、驚くべき発言をされたんです。

【離婚確定?】喫煙調査から「タバコ友達」調査へ移行

調査対象者の夫が禁煙の約束を破っていた事実がわかった日、

僕は依頼人の奥さん(58歳)に電話をかけました。
そして、その日は夫が家を出て30分もしないうちにタバコを購入して喫煙したこと。
その日の喫煙本数が6本だったことを説明しました。

依頼人
そうですか.....もしやとは思っていましたが、こうやって事実を知るとショックなものですね。

私との「特別な約束」なんてあの人にとっては些末なものだったのでしょう。
とても残念ですが予定通り、離婚の方向で主人と話し合いをします。
ゴリスケさん、離婚に強い弁護士を紹介してくださらないかしら?

ゴリスケ
ええ、もちろん弁護士のご紹介は可能です。
ただ、奥様......非常に言いにくいことをその前にお話ししておきます。
実は今日の調査で分かったことは、喫煙問題だけではなかったのです。

依頼人
それ以外にいったい何が・・・?

ゴリスケ
奥様は全く予期されていなかったようですが、実はある女性と●●駅で接触しまして...

依頼人
それで?

ゴリスケ
一緒に食事をし、映画を見て夕方に分かれました。
実はその女性もタバコを吸う人で、旦那さんと一緒に5本は吸っていました。

そして、さらに言いにくいことですが、歩行中は旦那さんと手を繋いでいました。

依頼人
女がいたということですね?
体の関係があると......?

ゴリスケ
いえ、今回の調査ではそこまで言えるものではありませんが、異性と手を繋いで歩くということはただのお友達というには行き過ぎていますね。

ですから、いわゆるそういう関係と考えるのが妥当かと......

依頼人は相当なショックを受けたのだろう。
1分間の長い沈黙とときおり漏れるため息が極度の憔悴を物語っている。
僕は胸が張り裂ける思いで依頼人の言葉を待った。

依頼人
でもゴリスケさん、手をつないで歩いただけですよね?
それならばその女性は、いわゆる男女の仲とかではなく、ただのタバコ友達ではないですかね?

ぼくはこの時、「タバコ友達」という言葉を初めて耳にした。
どういう回答をしたものかと考えていると、依頼人がが畳みこんできた。

依頼人
だって、そうでしょう?

男性には「タバコの付き合い」っていうものがあるらしいじゃないですか。
えーと、例えば仕事上の関係を円滑に効果があるとか?

たまたまその相手が女性で、たまたま手を繋いだからって、それだけで肉体関係があるっていうのはあまりにも暴論ですよ。

我々夫婦ももう60歳になろうとしています。
だから、あるいはそういうプラトニックな関係というのはあり得る話ですよね?

僕は思った。
プラトニックならいいのだろうか?

ショックにより混乱をきたしているようだ。
この奥さんが言うことは、もはや自身の願望に近いだろう。

ただし、僕ができることは一つしかない。
調査によって白黒つけることだ。

ゴリスケ
奥様、お気持ちはよくわかります。
この結果により、大変なショックをお受けになっていることが伝わってきます。

再調査をするかどうか、しばらく冷静になって考えてみてはどうでしょうか?

ゴリスケ
ただはっきりしていることは、このお相手の女性とご主人の関係を追及するのであれば、我々探偵にできることは別の日に調査をしてその時の様子を確認することです。

やはり手を繋いでタバコを吸うだけの「お友達的な関係」なのかそれ以上なのかを見極めできるでしょう。

そしてもう一つ言えることは、仮にこの関係が不貞関係(肉体関係)だった場合、奥様が離婚の手段に出る時には非常に有利な材料になります。

ゴリスケ
逆に言えば、ご主人が「禁煙の嘘」を侵したからという理由だけでは、ご主人が離婚に同意せずに争ってきた場合、それほどのアドバンテージにはならないでしょう。

なぜなら、禁煙の約束は書面等で取り交わされたわけではなく、しかも、民法上に規定された不貞の効力には遠く及ばないからです。

依頼人
......わかりました。だだのタバコ友達か、それ以上のものなのか、調査によって明らかにしてください。
私はただのタバコ友達だと思いますねどね......

こうして、翌週の夫の休日に合わせて、世にも珍しい「タバコ友達確認調査」(そんなネーミングでいいのだろうか?)を行うことになった。

世にも珍しい「タバコ友達調査」の結果は?

東京都内に住む夫は、前回と同じく午前中に徒歩で自宅を出て、やはり同じセブンイレブンでタバコを買い、一服してから電車に乗り込んだ。

隠れてタバコを吸っているという罪の意識は微塵も感じられず、けっこう堂々と吸っていた。
うんこ座りが板についている。

やがて、前と同じ「例の駅」に着くとまた女性と接触した。

ゴリスケ
あーあ、今日も手を繋いで歩いている。仲睦まじい感じだ。
これで「ただのタバコ友達でございます」って言われても到底信じられないよ。

いわゆる「タバコ友達」の男女は20分ほど歩いたが、どういう訳か人通りがなさそうな道を突き進み、やがて廃墟のような建物がある敷地内に入っていった。

ゴリスケ
なんだろう。廃業した民間の施設のような場所だ。

その後、この廃墟のような場所で隠れるようにしてタバコを吸っている男女。

誰にも見られてないと思っているようだが、探偵の僕には見えてるからな。

抱き合う度にほら、欲張りになって行く

ゴリスケ
タバコ吸うためだけにこんな所へ来る?

そんなことを考えながら張り込みをしていると、やがてこうなった↓ ↓ ↓
◆画像は削除しました◆

ゴリスケ
なんだこりゃ? 煙の口移しか?

「タバコ友達」の間では最先端のパフォーマンスなのだろうか?

この状況を「タバコ友達」といってよいものだろうか?
なんか、だんだんと行動がエスカレートしてきているような......

そして、この時ぼくにはこんなフレーズが聞こえてきたんだ。

LOVE SONG ('92 Ver.)

♪抱き合う度にほら♪ 欲張りになって行く♪
「妻」が思うよりも僕は君が好き♪

作詞:五里ゴリスケ
歌:CHAGE&ASUKA

こんな感じでどんどん欲張りになって行ったな。この男女。

そうして、僕が往年のチャゲアスを感じていると、
案の定、欲張りは加速してこうなった↓ ↓ ↓
◆画像は削除しました◆
※注意:この時は服を着ています🦍

喫煙調査→タバコ友達調査→浮気調査

図らずも、上記のように調査は変遷してしまいました。

恐縮ではございますが、これ以上の描写は自粛します。
見るに堪えないので🦍

【完】

本日も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

おすすめの記事