良い探偵とヘボ探偵-探偵業法とは?

良い探偵とは一体何でしょうか?
当然ですがヘボ探偵は良い探偵とは言えません。

ゴリ助
間違ってヘボ探偵(悪い探偵)に依頼してしまうと、依頼者は結局ひどい目に遭ってしまうので、良い探偵を選定することは何よりも重要になります。

良い探偵とは

良い探偵とは、調査において依頼者が望む証拠を押さえられる調査員のことを指します。
例えば夫の浮気調査においては、その浮気の証拠を取ってくれる調査員。

そのためには、奥さんから十分な聞き取りをしたうえで調査日の提案や、開始場所・調査手法についても綿密に計画を立てて、依頼者に極力ロスのないような妙案を提案したうえで調査を実行します。
※この場合のロスには、金銭的なロスや精神的ロス、機会のロスがありますが、ベテランの探偵であれば経験的に適切に提案できるはずです。
この依頼者にとってのロスについては、今後記事にしていくつもりです。

ヘボ探偵とは

綺麗ごとヌキに、調査結果の出せない探偵はダメダメです。この場合、夫が浮気をしているのにその証拠をとれない探偵はダメ。
これは完全にヘボ探偵ですね。

例えば、夫に撒かれちゃったり(見失うこと)、夫の出入りを見落としちゃったり、夫に張り込みや尾行を気づかれちゃったりすること。
特に相手に気づかれちゃうのはヘボ探偵の典型です。。。

ヘボ探偵はとにかく言い訳が多いので調査の失敗は自分のせいではなく、外部要因や運のせいにすることが多く、それであるがゆえに成長のない奴が多く、ヘボ探偵を抜け出すことができません。

ヘボ探偵は調査対象者に調査を気づかれてしなうことも多く、それは時には回復不能の障害を引き起こします(´;ω;`)涙
調査をしていることにさえ気づかれなければ、別の日にまた調査を行って失敗を取り戻すことも可能なので、
探偵たる者は調査について気づかれることだけはあってはなりません。

探偵業法とは


みなさんは探偵業法という法律はご存じでしょうか?
正式名称は、

探偵業の業務の適正化に関する法律

といいますが、この法律については以下の警視庁の説明がわかりやすいので、引用します。

探偵業法の背景

探偵者、興信所等の調査業については、調査依頼者との間における契約内容等をめぐるトラブルの増加。違法な手段による調査、調査対象者等の秘密を利用した恐喝等、従業者による犯罪の発生等の悪質な業者による不適正な営業活動が後を絶ちませんでした。
それまで、日本には、調査業を規制する法律はありませんでしたが、このような状況にかんがみ立法化が検討された結果、調査業のうち探偵業について、平成18年6月「探偵業の業務の適正化に関する法律(以下「探偵業法」といいます。」)が制定され、平成19年6月に施行されました。

探偵業法の目的

探偵業法は、探偵業について必要な規制を定めることにより、その業務の適正を図り、もって個人の権利利益の保護に資することを目的としています。

探偵業務の定義

「探偵業務」とは、他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として、面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいいます。
この探偵業務を行う営業を「探偵業」といいますが、専ら放送機関、新聞社、通信社その他の報道機関の依頼を受けて、その報道の用に供する目的で行われるものは除かれます。
警視庁

法律遵守の探偵は良い探偵?

探偵業社は良い探偵もへぼな探偵もこの法律の制限の下で、日々活動していく必要があります。
では常に法令を遵守する探偵は良い探偵でしょうか?
これも綺麗ごとはヌキにしましょう。常に法令を遵守することで、依頼者の望む結果は得られません。
法令を遵守しかつ良い調査の結果を出せればそれに越したことはありませんが、そうはいかないことが実は結構多いです。
そこが探偵の大変なところの一つ。
例えば浮気調査においては以下のような障害があります。

【1】張り込み場所が悪い時

調査の事前情報収集を除けば、実地においてまず始めに探偵の仕事(課題)となるのが張り込みです。
ただ、往々にしてこの「張り込み」というヤツが一番の難題になることが多いです。

困難な張り込み

①立地条件によっては、そもそも張り込みを行える場所が確保できず、
②調査対象者が自宅や勤務先等の建物から出てくるところを目視することができず、
③そんなわけで、調査対象者が外出しているのにその姿を捉えることができずに尾行ができなかったということも。

どんなに尾行の上手い探偵でも、張り込みで失敗して調査ターゲットを見落としてしまったり、
張り込みを気づかれたりすることがあれば、宝の持ち腐れになるだけです。

探偵の神髄といえば、張り込みに始まり張り込みに終わると言っても過言ではなく、
実は初動の張り込みが何より重要になります。

みなさんは、探偵の腕の見せ所といえば、第一にカーアクション等の尾行をイメージするかもしれませんが、
実際は張り込みが何よりも重要なのは間違いありません。

次回はそんな張り込みについて、探偵泣かせな張り込みの事例と、その解決方法をお伝えしたいと思います↓

探偵泣かせな張り込み調査1「閑静な住宅地」と解決方法

おすすめの記事