探偵の日常:浮気調査の裏側とユーモア満載の現場エピソード

はじめに

僕たち探偵は、浮気調査において依頼者の期待に応えるべく、日々潜入調査に勤しんでいます。しかし、意外と知られていない現状として、現場でのユーモラスなエピソードがいくつもあります。そこで今回は、探偵の日常を綴ったブログ記事をお送りします。

調査対象のおっさんとの心中

浮気調査中に、調査対象のおっさんが仕事終わりに酒を飲んでいる場面に遭遇することがあります。そんな時、僕たちは心の中で、「遊んでないで早く帰ってくれよ!そうでもないと俺も帰られへんがな!。どうせ帰らないなら浮気してくれる?」と叫びたくなります。
探偵も人間ですからね。綺麗事言ったってしょうがないじゃないですか。

調査現場での思わぬ発見

調査の最中、思わぬ発見があることも。
例えば、調査対象が浮気相手と合流した時に、その相手が3年前の調査の時の元カレだということが分かったりします。そんな時は探偵同士の会話で、「またお前かよ!お前ら、ほかに相手がいねーのかよ?意外とモテないね!」などとツッコんだりもしてます。

探偵の自己犠牲

調査には、探偵の自己犠牲もつきものです。例えば、調査対象がエスカレーターを使っている時、僕たちは死に物狂いで階段を駆け上がります。

ゴリスケ
ええ、心臓バクバクですよ。相手より早く到着しないといけないですからね。

そんな時、「探偵にも健康診断が必要だな」と思ったりします。

依頼者とのやりとり

依頼者とのやりとりもまた、ユーモラスな場面があります。
例えば、夫には浮気相手がいたという報告をした時、陽気な依頼者(奥さん)が「じゃあ、私も探偵さんの浮気相手になります!」と言って笑いを誘ってくることも。
そんな時は、

ゴリスケ
「ライバルの探偵社に証拠をつかまれるとヤバいんでご遠慮申し上げます」

と最大の笑みを見せながら返し、プロとして冷静に対応します。

探偵業界のユーモア

探偵同士にも、独特のユーモアがあります。
例えば、同業者同士で情報交換をする際、

ゴリスケ
「今日はどんなおっさんを追いかけてたの?」

といった軽口を叩くことも。また、お互いに探偵技術を競い合いながら、「君の尾行は素晴らしいけど、カメラワークがイマイチだね」と冗談を言い合うことも。このような日ごろの楽しいやり取りが、厳しい現場を乗り切る原動力となっています。

終わりに

探偵の仕事は、調査対象者の浮気の有無を確かめるだけでなく、依頼者に対する心のケアや、様々な困難に立ち向かうことも求められる職業です。しかし、そんな日常の中にも、ユーモラスなエピソードが溢れています。
そういう楽しさがあるからこそ、探偵を続けていけるのだと思います。

今回のブログ記事を通じて、探偵の仕事に対する理解が深まり、皆様に少しでも楽しんでいただけたら幸いです。僕たち探偵は、これからも依頼者の期待に応えるために、調査に励んでまいります。

ゴリスケ
お困りごとがあればご相談ください。

Twitter(お気軽にDMを)
https://twitter.com/tantei_gorilla

コメントを残す

おすすめの記事