探偵からすると山奥で逢引きするのはやめてもらいたい

こんにちは。探偵ゴリスケです。
探偵として20年以上暗躍中です。

得意技は張り込み・尾行。
尾行調査は何歳になっても楽しいのものですよ。

さて、今日はサクッと「探偵からすると山奥で逢引きするのはやめてもらいたい【画像あり】」についてお話します。

【探偵泣かせ】警戒がゆえに山奥で逢引きする浮気カップル

長年探偵をやっているとわかるのですが、世の中には他人の目を気にするあまり、自宅の近所では絶対に浮気相手と会わないと決めているカップルもいます。

そう、許されざる関係なのです。
いわゆるダブル不倫のカップルとかがそんな心境になるようです。

浮気相手と逢引きするのにわざわざ住まいの県をまたぐとか、自宅から1時間以上離れた場所まで移動して浮気相手と待ち合わせするとか......

そのような心境は分からなくもないですが、探偵からすると実にまどろっこしい!

どうせ会うならもっとわかりやすく、単刀直入にしてくれって思うのです。探偵は。

↓の写真は、互いの自宅(東京都内)から2時間以上も離れた田舎の山奥まで運転し、その場所で逢引きした浮気カップルの決定的証拠を捕らえたものです。

◆画像は削除しました◆

これは山奥の車の中でこそこそ2時間ほどいちゃついたカップルの現場でしたが、相手女性が男の車から降りて自分の車に移動するところ。

結局このカップルは、車の中でしかいちゃつかない性質だったので、調査中の証拠としてはこれが限界でしたが、この写真があるのとないのでは証拠能力としてはだいぶ違ったものになるはずです。

なにより、この山奥まで2時間以上の尾行をするのは簡単ではなかったです。

しかもシュールなことに、この日の「山奥の駐車場」には浮気カップルと探偵しかいなかったというシチュエーションでしたw

だって、インドの山奥のような誰もいないような場所で逢引きしているんですよ?
※注意;インドの山奥をディスっているわけではない。

いったい、この男女は何を考えているのでしょうか?

もし、この逢引きの場所がそれぞれの自宅から30分圏内であれば僕たち探偵はどんなにか楽だったでしょう。

まるでフライデーにフォーカスされないように逃れるかのような男女の行動。

芸能人気取りなのでしょうか?

まあ、いいや。

また別の日に調査して証拠の重ね取りをすることになったので。

あなたが、もしインドの山奥で逢引きするとしても安心してはいけません。

頭の片隅には探偵の存在を置いておいたほうが無難かもしれません🦍

おすすめの記事