現在の探偵業者の問題点とその対策

近年、探偵業界では優良探偵と悪徳探偵の差が明確になり、消費者からの信頼も増してきました。
しかし、その一方で見せかけだけで技術のない探偵業者や詐欺行為を働く業者なども存在しており、その問題点を考える必要があります。

この記事では、現在の探偵業者の問題点とその対策について詳しく解説します。

優良探偵と悪徳探偵の差


現在の探偵業界では、優良探偵と悪徳探偵の差が明確になってきています。
優良探偵は、法律に基づいた適切な調査を行い、報告書も信頼性の高いものを提供します。
一方で悪徳探偵は違法行為を働いたり、詐欺行為を働くこともあります。

消費者は、優良探偵を選ぶことが大切ですが、その選択には一定の知識が必要になることがあります。

調査をしない探偵や技術のない探偵

探偵業者の中には、信じがたいかもしれませんが、現地調査をしない業者やそもそも張り込みや尾行技術のない探偵も存在しています。

これらの業者は、調査報告書が著しく信頼性に欠けたり、調査対象者に対して不適切な方法で接触することがあります。

消費者は、探偵業者を選ぶ際には事務所の規模や探偵の技術力を十分に確認することが重要です。

詐欺行為を働く業者


残念ながら、探偵業者の中には詐欺行為を働く業者も存在しています。

詐欺業者は、高額な調査料金を請求し、実際には調査を行わなかったり、報告書に嘘が書かれていたりすることがあります。

消費者は、詐欺業者に騙されないように、事前に情報を収集することが大切です。

法令に則った探偵業者か?


「法律に基づく適切な探偵業務を行うことは、探偵業者自身の信頼性を高めるだけでなく、不当なトラブルや訴訟に巻き込まれるリスクを低減することにもつながります。

違法に入手した証拠は、後の紛争で証拠能力として認められない場合があるからです。

したがって、探偵業者は法律や倫理規定に基づき、誠実かつ正確な業務を提供する責任があります。」

探偵業者は、浮気調査や素行調査などの調査業務において、プライバシーや個人情報保護に関わる法律に厳密に準拠する必要があります。

また、探偵業務に携わる者は、業務の内容や調査結果を外部に漏らすことが禁止されているため、倫理規定にも従わなければなりません。

この点は実は非常に重要で、依頼者側の高度な秘密を外部に漏らしてしまうような業者に当たってしまった場合、回復不可能なダメージを負うことがあります。

流出した秘密のすべてを回収することは事実上不可能だからです。

そのため、優良探偵業者は、法律や倫理規定を遵守し、誠実かつ正確な業務を提供することに努めています。

一方で、悪徳探偵業者は、法律や倫理規定を無視し、違法行為を行ったり、詐欺まがいの業務を行ったりすることがあります。

そのため、消費者は優良探偵業者と悪徳探偵業者を見極めることが重要です。

悪徳探偵業者の被害にあわないために


悪徳探偵業者の被害に遭わないためには、以下の点に注意する必要があります。

まず、業者の実績や口コミを確認することが大切です。
ホームページやSNS上の評価、口コミサイトなどを利用して、他の利用者からの評価を確認することができます。

ただし、こうした口コミには信憑性がない場合もありますので、複数のサイトや情報源から確認することが望ましいです。

また、事前に契約内容や料金プランを確認しておくことも大切です。特に、契約書に詳細な内容が明記されていない場合や、契約書に記載のない追加料金を請求される場合は注意が必要です。

さらに、調査の進捗状況や結果については適宜報告してもらうようにしましょう。

こうすることで、調査が適切に進められているかどうかを把握することができます。

依頼したままの放置が一番危険です。

ゴリスケ
お困りごとがあればご相談ください。

Twitter(お気軽にDMを)
https://twitter.com/tantei_gorilla

おすすめの記事