オフィスなど高層ビルでの張り込み調査の難しさと探偵の苦労

探偵が行う調査の中でも、張り込み調査は常に行われるものの一つであるが、例えば対象者の勤務先が高層ビルだった場合には苦労が生じるます。

高層ビルでの張り込み調査の難しさ

高層ビルでの張り込み調査は、その高さと出入り口の多さ、セキュリティゆえに調査員にとって様々な困難が伴います。

例えば、調査の必要上、オフィスビルのエレベーターに乗り込むことが必要な場合には、ビル内の警備員に不審者として見つかるリスクもあります。

対象者が使用するエレベーター区画への到達

調査対象者が使用するオフィスビルのエレベーター区画に到達できたとしても、張り込みで長時間その場所に留まることは困難です。
張り込み調査を行う探偵は、できるだけ長時間その場所に留まることが望ましいが、1時間以上その場所に留まることは警備員から不審者として疑われることが多いため、探偵にとっては大きな難関となります。

警備員からの不審な目線

ビル内の警備員から不審者として疑われた場合、探偵はその場から速やかに立ち去らなければならない。
しかし、その時点で対象者の見落とし確率が増大してしまいます。

張り込み場所が遠くなればなるほど押さえるべき出入口が増えてしまうことになり、探偵の人数によってはオフィスビルのすべての出入り口を押さえることができない場合があるからです。

当然、対象者が利用する可能性の高い出入口を優先的に張り込むことになりますが、その日の対象者の予定により、その優先度は変わることがあるから見落としてしまうリスクは常に存在します。

対象者が出るところを見落とした場合、残念ながらその日の調査は台無しになってしまいます。

このように、高層オフィスビル内での張り込みは難易度が高く、多くの苦労を伴います。
探偵達は見逃してはいけない瞬間を見逃さないよう、精神的にも肉体的にも強いストレスを抱えて張り込みを行っているのです。

探偵が対策する方法

探偵が高層ビルでの張り込み調査を行う際には、様々な対策を講じる必要があります。

例えば、ビル内の地図を事前に入手しておくことで、目的地までのルートを事前に把握することができます。

また、ビル内のエレベーターを利用する場合には、できるだけ他の人と一緒に乗り込むことで、警備員から不審者として疑われるリスクを軽減することができます。

さらに、張り込み調査の際には、周辺の状況を見ることも重要です。
例えば、ビル内には多くの人が出入りするため、その中に紛れて調査を行うように努めるべきです。
当然、オフィス街にふさわしくない服装は避けなければならない。

また、周辺の建物や路地裏などからも対象者を監視することができる場合があります。
その場合は、ビル内での張り込みにこだわる必要はありません。

以上のように、探偵が高層ビルでの張り込み調査を行う際には、多くの困難が存在します。
しかし、適切な対策を講じることができれば、調査を成功させることができます。
探偵の苦労は決して少なくはないですが、その苦労に打ち勝ち情報を収集することが我々の使命なのです。

ゴリスケ
お困りごとがあればご相談ください。

Twitter(お気軽にDMを)
https://twitter.com/tantei_gorilla

おすすめの記事