探偵に依頼できる調査の種類と内容|依頼する際の注意点

我々探偵は、個人や企業を対象に調査を実施し日々情報の収集を行っています。
この記事では、探偵に依頼可能な調査とその詳細な内容と依頼する際の注意事項についてわかりやすく説明します。

探偵業務とは

探偵業務とは、民間の調査会社や個人の探偵が、クライアントから依頼を受けて浮気や不倫、素行不良、行方不明者の捜索、盗聴器の発見など、様々な調査を行う業務のことです。
探偵は守秘義務を負い、法律や倫理規定に従いながら調査を進めます。
探偵業務は、依頼者の法的な問題を解決するための手段の一つとして広く利用されています。

探偵に依頼できる調査の種類と内容

探偵が扱うことができる調査には、以下のようなものがあります。

浮気調査

探偵は依頼を受けて浮気の証拠を集めます。この調査は探偵者への依頼内容として一番多いものです。
探偵は調査で収集した証拠や情報を依頼者に提供し、夫婦やカップルの問題を解決するためのアドバイスを行います。

監視調査

探偵は、監視調査を行うことができます。監視調査は、主に不法行為の証拠を収集するために使用されます。例えば、第三者がクライアントの留守中に自宅に侵入する証拠や、物件にいたずらをする証拠などを収集します。調査自体は張り込みが中心となります。
が証拠を捉えた後は、対象者の所在を判明するべく尾行調査に切り替わります。

資産調査

探偵は、資産調査を依頼された場合、個人または企業の資産について情報を収集します。ただし、預金残高取得は違法行為に当たるので、法律の範囲内で情報の収集を行います。

人探し

探偵は人探しを行うことができます。人探しは家出や失踪した人を見つけるための調査です。探偵は、失踪者の居場所を特定し、家族や友人にその情報を提供します。

盗聴器発見調査

盗聴器発見調査とは、自分のプライバシーや業務上の秘密が漏れることを防ぐために行われる調査です。
盗聴器は小型化や高性能化が進んでおり、一般的な探知器では検出できない場合があります。そのため、専門的な知識と機器を持った調査員による盗聴器発見調査が必要となります。

盗聴器発見調査では、まず調査員が被害者の居住空間や職場などに設置されている可能性がある箇所を調査します。そして、盗聴器のよく使われる周波数帯域を捕捉する探知器を用いて、盗聴器の存在を確認します。もし盗聴器が発見された場合は、その盗聴器を取り外して証拠として確保することが重要です。
被害者のプライバシーや機密情報を守るためにも、盗聴器発見調査は重要な調査の一つといえます。

その他の調査

探偵は、その他の調査も行うことができます。たとえば、企業の背景調査や、個人の過去の行動や生活の調査などが挙げられます。探偵は様々な調査を行うことができ、問題解決に貢献することができます。

探偵に依頼する際には、どのような点に注意すべきか?

探偵の実績や信頼性を確認すること

探偵は、調査を行う上でプライバシーや個人情報など重要な情報を取り扱います。そのため、信頼できる探偵社を選ぶことが必要です。そのためには探偵の実績や口コミを確認し、信頼性を確認することも重要です。

依頼内容の明確化

探偵に依頼する際には、依頼内容を明確にすることが大切です。具体的な調査内容や期間、料金など、依頼内容について十分に話し合い、明確化することで、後々のトラブルを防ぐことができます。

料金の確認

探偵に依頼する際には、料金についても確認することが重要です。調査内容や期間、経費の内容によって料金が異なる場合があります。依頼前に、料金について十分に確認し、納得のいく価格で依頼することが大切です。

まとめ

この記事では探偵に依頼できる調査の種類とその内容、また探偵に依頼する際の注意点について解説しました。
探偵は個人や企業の問題や不安に対して調査を行って証拠を収集し、問題を解決するための情報を提供します。
探偵が扱うことができる調査には、浮気調査、監視調査、人探し、資産調査、企業調査、盗聴器発見調査などがありますが、探偵に依頼する際には信頼性を確認し、依頼内容を明確化することが重要です。

ゴリスケ
お困りごとがあればご相談ください。

Twitter(お気軽にDMを)
https://twitter.com/tantei_gorilla

コメントを残す

おすすめの記事